療術と整体の世界

小顔をつくる

整体師についてと歴史

整体といえば身体の様々な場所の歪みを矯正し、体の不快に感じる部分を施術により回復させるものです。
整体師には国家資格がなく民間資格となり、健康保険も適応となっていません。
資格がないので決まった施術方法はなく施術の内容も整体師によって違ってきます。
また、整体の歴史をたどってみてもそれぞれの年代でそれぞれの手法がなされてきました。
原点となっているのは19世紀初めと言われており中国が発祥とされています。
日本では現在のような手法になったのは大正時代からとされています。
整体は東洋医学が基礎となって発展したものであり、カイロプラクティックは西洋医学が基礎となって発展したものです。
この二つは同じものであると思われる人も多いですが厳密には違ってきます。

マッサージ師との違いについて

整体とカイロプラクティックの違いの他にマッサージとの違いについてを説明すると整体は身体の歪みを整え痛みや不快な場所の改善となりますがマッサージは血液やリンパの流れを良くするといった施術となります。
また、資格についてもマッサージ師は「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格となり、マッサージ師として勤務する場合には資格は必ず必要となります。
ソフト整体といった種類が近年出てきており、これは今までのような高度な手法をせずに痛みや不快な部分を改善するもので高度な手法は熟練度の高い技術が必要となり危険度のリスクも高まります。
こういったリスクを伴わず、痛みもほとんど感じません。
なおかつ効果も低くなる心配はなくより安全に施術することができます。